もがみのとっくりと盃

置かずの盃と歴史を受け継ぐ東山焼

新庄東山焼は、天保12年に初代弥兵衛が戸沢藩の瓦師として迎えられた事で誕生した焼窯です。江戸時代から現在まで、脈々と続いてきた歴史ある新庄東山焼は、「出羽の雪のかげり」と呼ばれる味わいのある鮮やかな青い色が特徴です。真室川町で作られる「置かずの盃」をモチーフに、焼物のとっくりと盃を作りました。新庄市の伝統ある窯で作ることで最上の文化の架け橋となることでしょう。中身を飲み干すまで置くことができないこの器には、しっかりとした置き台があるため普段使いにも適した暮らしに寄り添う器です。
制作者の声
涌井正和